1969年(昭和44年)、週刊大衆に最初のシリーズ(のちに青春編と呼ばれる)が連載され、昭和40年代の麻雀ブームの火付け役になった。以後、1972年(昭和47年)までに計4シリーズが連載された。

 

小説「麻雀放浪記」哲也-雀聖と呼ばれた男

青春編 – チンチロ部落での「ドサ健」との出会いをきっかけに賭博の世界に足を踏み入れた「坊や哲」は「ママ」や「出目徳」らによって麻雀に深くのめりこんでいく。そして、「ドサ健」、「出目徳」、「女衒の達」らとの果てしない青天井麻雀は意外な結末を迎える。1969年1月~6月まで週刊大衆に連載。

 

風雲編 – ヒロポン中毒のため、代打ち麻雀で失態を演じた「坊や哲」は東京を去る。新天地、大阪での「タンクロウ」との激闘。慣れないブウ麻雀に初めは戸惑うが…。1970年1月~6月まで週刊大衆に連載。

 

激闘編 – 麻雀の打ち過ぎか、肘が上がらず、「芸」が使えなくなった「坊や哲」。TS会から「カラス金」を借りて麻雀を打つが…。1971年1月~6月まで週刊大衆に連載。

 

番外編 – 麻雀から足を洗い、勤め人になった「坊や哲」だが、「ドサ健」との再会により再び麻雀の世界に身を投じる。1972年1月~6月まで週刊大衆に連載。

 

ギャンブルとしての麻雀を題材としており、文中に牌活字がしばしば登場する娯楽小説である。

 

戦後復興期のドヤ街を舞台として、主人公「坊や哲」をはじめ、「ドサ健」、「上州虎」といった個性的な登場人物達が生き生きと描かれ、彼らが生き残りをかけて激闘を繰り広げるピカレスクロマン(悪漢小説)として評価が高い。

 

1984年、和田誠監督作品として映画化されたほか、漫画化もされている。

また、阿佐田哲也自身による続編的な作品として、『新麻雀放浪記』、『外伝・麻雀放浪記』がある。

 




全国のツワモノとの真剣勝負 麻雀で稼ぐならコチラ

麻雀好き集まれ!本物の麻雀対決がココにある!▶
⬇⬇⬇⬇⬇



映画 「麻雀放浪記」 白黒作品

原作小説の第一巻「青春編」が、1984年(昭和59年)に和田誠監督作品として映画化

雀卓を舐めるように旋回するカメラワーク、そして実力派俳優達が演じるばくち打ち達、これらが相まって、麻雀を知らなくても楽しめる娯楽作品に仕上がっている。

 

桜井章一の雀技指導により、「つばめ返し」等のイカサマ技も見られる。

 

映像は戦後の混乱期の雰囲気を描いたモノクロームとなっている。映画のスタッフとキャスト表示は、現代のカラー映画では冒頭で一部のみ表示し、エンディングで全てを表示するフォーマットだが、この映画では冒頭ですべてを表示し、エンディングは「終」しか表示しない、白黒映画時代のフォーマットになっている。

 

製作:東映、角川春樹事務所
監督:和田誠
脚本:和田誠、澤井信一郎

キャスト

坊や哲:真田広之
ドサ健:鹿賀丈史
女衒の達:加藤健一
上州虎:名古屋章
出目徳:高品格
八代ゆき(オックスクラブのママ):加賀まりこ
まゆみ:大竹しのぶ

 

 

麻雀漫画『哲也-雀聖と呼ばれた男』(てつや じゃんせいとよばれたおとこ)

原案:さいふうめい、漫画:星野泰視による麻雀を題材とした日本の漫画作品。

1997年から2004年まで週刊少年マガジンで掲載された。単行本全41巻、文庫版全22巻。また、2000年には『勝負師伝説 哲也』(ギャンブラーでんせつ てつや)としてアニメ化された。

 

時代は戦後復興期の日本。1人の青年、哲也が麻雀において勝負師または玄人(バイニン:麻雀賭博において絶技のイカサマを習得した者)として成長していく姿や数多の玄人たちとの鎬を削る麻雀勝負など、哲也の玄人としての生き様を描く。2000年度(平成12年)第24回講談社漫画賞少年部門受賞。

 

雀豪として名を馳せた色川武大の著書『麻雀放浪記』『ドサ健ばくち地獄』などを参考、再構成したものであり、これらの著書に記されたキャラクターも数多く登場する。

 

ギャンブルの主題は麻雀であるが、作中には花札(オイチョカブ)やチンチロリンなどの麻雀以外のギャンブルも時節登場する。

 

原作者のさいふうめい曰く、『哲也』の世界では、学歴と麻雀の能力は反比例関係にあるとされている。

 

『マガジン』での連載中2003年4月23日から2ヶ月半の休載に入り、さいと星野による合作・第2作品『賭博師 梟』が8週連続で集中連載された(こちらの作品もギャンブルを題材とする)。その後、同年7月1日に連載が再開された

 

勝負の世界でしか生きられない人々がいる。人は彼らをギャンブラーと呼ぶ。

 

登場
昭和19年(1944年)、阿佐田哲也15歳。真珠湾攻撃から3年たったこの年、哲也は軍需工場で勤労動員させられていた。ある昼休み仲間と一緒に同僚のおっちゃんに博打を教えてもらっていた。

 

その時、空襲が起きあたり一面が焼け野原になる惨事の中、逃げずに生き延びたおっちゃんから「運の悪い奴が死ぬんだ」と教わる。翌年、戦争に負け日本は貧しい状況にあった。

 

何とか職を得た哲也は、就職先で博打をやっていることを知りその場に赴く。

負け続けて土壇場に追い込まれた哲也は勝負師としての才能を開花させた。賭場での印南との出会いを経て横須賀で米兵相手に麻雀をやれば儲かると聞いた哲也は横須賀へ向かう。

 

 

阿佐田哲也(あさだ てつや)

本作の主人公。「天運」と呼ばれる人並み外れた強運を持ち、後の麻雀界において「雀聖」と呼ばれるまでの存在になった稀代の玄人。房州が新宿を去ってから半年後、「坊や哲」の通り名を持つ新宿一の玄人として知られ、同時に黒いシャツがトレードマークとなり、「黒シャツ」とも呼ばれるようになる。

年齢は物語開始時および白シャツ時代は15~17歳。黒シャツを着てから最終回までは18~23歳。最終学歴は在学中に学徒動員先でガリ版誌を発行し、無期停学処分を受けたため事実上の中学中退である。

 

終戦後、運送会社丸三通運に就職し、花札の賭場で負け続けていたときに後の「雀聖」が覚醒。後に印南と出会い、麻雀の世界に身を投じることになる。

白シャツ時代は年相応に感情的だったが、黒シャツを着てからは冷静になった。作中では極めてクールな表情が多く描写されているが、中期に入るとテツオ&ダチンとの出会いを始め、ギャグ的な表情も見せるようになる。

 

玄人故に他人への情はそれほど見せないが、玄人に向いていない者を博打の世界に入れないよう追い返すなど不器用な優しさもある。

 

子供や女性に対しては基本的には優しいが、時には冷たく、博奕などが絡むと厳しくなる。哲也と出会い、好意を寄せてくる女性はリサを始めドテ子など複数人いるが、自身は好意に(あえて)気づかない。その一方で幼なじみの小夜子に対しては想いを寄せていたが、小夜子自身は鎌田についていってしまい、決別。

主に新宿を根城とするが、強敵を求める、または玄人としての自分を見つめ直すためにしばしば遠征に出ることもある。ドサ健に負け、二度目の遠征をしたときには新宿に帰るまで暫くタバコ断ちをしていた。長崎に遠征した際に、ドサクサに紛れて長崎盛り場新聞に一時就職することになる(後に退社)。

作中に文学の教養がある場面が何度か存在し、文庫本を何度も読み返してはページの端に文章などを書き込んでいる。ちなみに、持っている本は夏目漱石の未完の遺作「明暗」。

「夢喰らいのバク」との戦いの最中、何の前兆も無く強烈な睡魔に襲われるナルコレプシーを患い、以降は勝負の最中でも容赦無く襲い掛かる睡魔とも戦わねばならなくなる。苦しみながらそれでも勝利を収め続け、最後にはドサ健と三番勝負を行い、一手差で勝利する。

モデルは、麻雀を題材とした小説を執筆する際に阿佐田哲也を筆名として用いていた色川武大。色川自身もナルコレプシーに悩まされていたが、それは玄人を引退した後からである。