ORA麻雀は場代で参加できます。

DORA麻雀では、参加者同士がお金を賭けて対戦します。

 

雀卓での1勝負での場代(プレイの参加費・レートにより異なる)が

必要になり、1位の人が賞金として受け取りことができます。

 

DORA麻雀には入会金、会費、課金はありますか?

 

参加者は勝ち負けによって、場代やウマによるお金が動きます。最

初に賭け金が決まっているのでその卓を選んで参加しましょう。

 

 

また、毎日のように開催されている

麻雀大会は参加料を払って優勝者に賞金がでます

参加無料での麻雀大会も数多くあり優勝者には賞金がでます。

 

 

運営側はどうやって儲けて、収益を得ているのでしょうか?

それは、場代(場所代)です。

一回の対戦の場を提供したことによる手数料のようなものです。

雀荘の場代と意味は同じです。

 

 

リアルの雀荘でも場代を払っていますよね。

雀荘経営者は場代で運営しているので

 




全国のツワモノとの真剣勝負 麻雀で稼ぐならコチラ

麻雀好き集まれ!本物の麻雀対決がココにある!▶
⬇⬇⬇⬇⬇



DORA麻雀もリアルの雀荘と同じように場代で運営しています。

 

 

雀荘の場代は

一人1時間350円から500円くらいです。

 

 

DORA麻雀の場代はこの場代は

勝負に勝った参加者から

約10~15%の場代を取っているのです。

 

勝った人が$10プラスの場合レートが

$4/$8の卓で遊んだときは、

場代は$0.4~$0.8が最低の

場代として発生し、DORA麻雀の運営者に払います。

 

 

日本円で約32円~64円(※$1=105円計算)ですので、

これは非常に安いと思いませんか?

 

 

しかも、勝ったプレイヤーから場代を取るため

負けたプレイヤーには場代は発生しません。

 

ですので、DORA麻雀の良いところでもあるのが、

最大の負け金額が決っていることなんです。

 

最初に決まった金額以上は請求されません。

 

 

アナタがDORA麻雀で遊ぶために入金した

金額以上の請求は一切されることはありません。

 

入会金や月会費、月の課金はないのです。

 

DORA麻雀の練習のゲームだけなら完全無料です。

練習モードは、やたらポン、で鳴いてきます。

 

練習はORA麻雀以外の麻雀ゲームで練習して

腕が上がったら強者揃いのDORA麻雀で勝負してみましょう。