【日経と電通が認めた!】
仮想通貨やFXの報酬を10倍に!
2019年ブーム到来の最強ノウハウを特典付きで無料公開!

『麻雀飛翔伝 哭きの竜』(まーじゃんひしょうでん なきのりゅう)は、能條純一の漫画作品。1985年から1990年まで別冊近代麻雀で連載された。

鳴き麻雀を信条とする竜と、竜の強運を追い求めるヤクザたちの織り成す人間模様を、ナレーション風の状況説明「のちに述懐す…」や印象的なショットの連続で描いた作品である。

 

『麻雀飛翔伝 哭きの竜』オンライン麻雀【DORA麻雀】

通常、麻雀は“鳴く”と役(ハン数)が減り、手の内の一部を明かすなどの不利な側面があるが、本作の主人公「竜」は意外とも思える“哭き”で手役を完成させていく・あるいは相手からの捨て牌で見事にアガるという、ドラマチックな展開が見せ場のひとつとなっている。

これまでの麻雀劇画の流れを大きく変えた作品であり、OVA化、川本淳市(当時:川本淳一)主演で実写化もされた。

2005年から竹書房の麻雀漫画雑誌「近代麻雀」誌上で、続編となる『麻雀飛翔伝 哭きの竜 外伝』が連載された(全9巻)。本作の10年後を描いたもので、死んだと思われた竜とおぼしき人物が登場し、またもやヤクザらの竜争奪戦が勃発、というストーリーである。

 

2003年から2004年にかけて近代麻雀にて連載された「覇王 Mahjong King Fighters」という漫画には(C)能条純一との表記がある「本物の哭きの竜」が登場し、おなじみの名セリフや闘牌を繰り広げて話題となった。

 

麻雀漫画「哭きの竜」登場人物は?

 

竜(りゅう)

通称「哭きの竜」。本名も年齢も不明だが、連載第一回目では川地、室田と対局した際に職業を聞かれ、「親の遺産で暮らしている」と話している(真実かは不明)。

当初は時折、対局中に笑顔を見せたり、雀荘のマスターと電話で話したりと、人間らしい部分も見せており、「テツ」と呼ばれる弟分らしき人物も登場する。以降の印象は、彼を見た通行人曰く、「死人のような」やや青白い肌であり、無口で暗い。

鳴きにより、素早く大きな役を作り出すのを得意とする。彼を知る者は彼の鳴き麻雀を戒めるが、意に介さず己の道を行く。なお、面前で戦う事も可能でその時はリーチもしていた(外伝1巻)。

対局中はタバコを吸い(銘柄は作者によれば『峰』をイメージしているらしい)、右手に火が付いたタバコを持ったまま牌をツモったり切ったりするシーンが多い。また、鳴いた牌を晒す際に牌が光るように見えると言われることが多い。

フリー打ちの雀荘にしばしば出没する。また台詞は少ないながらも名言が多い点も、竜の魅力の一つになっている。「あンた、背中が煤けてるぜ…」はあまりにも有名。

物語の終盤竜は外田が送った刺客に殺されたと思われていたが、生存している噂が広まった。本編から10年後の外伝では生きていた。

 

竜の女

竜と同居している女性。本名不明。川地のシマの(と思われる)賭場主が「川地からの褒美」として竜に与えた。当初はひたすら、竜の帰りを待つだけで登場シーンは見られた。

物語が進むにつれて竜に対して当初は「あなた」から「あんた」へと心情の変化が見られる。

物語の終盤竜から自由の身にして開放されたが、竜に会いたくなって竜と雨宮の対局していた雀荘の前にまで出向いたがヤクザに追い返されて入れず去る。その帰り道にタクシーに轢かれ、救急車で搬送中に竜の事を思いながら息を引き取る。

 

テツ

本名は不明。フリー打ち雀荘の客。竜の事を「兄貴」と呼ぶなど、弟分的な存在として親しいようだったが、甲斐に竜との対局を実現させる為の人質としてナイフを向けられて以来、登場していない。対局中は竜の真似をして、鳴き麻雀をするが、アガった場面は無い。

【日経と電通が認めた!】
仮想通貨やFXの報酬を10倍に!
2019年ブーム到来の最強ノウハウを特典付きで無料公開!