【日経と電通が認めた!】
仮想通貨やFXの報酬を10倍に!
2019年ブーム到来の最強ノウハウを特典付きで無料公開!

『咲-Saki-』(さき)は、小林立による日本の漫画作品。スクウェア・エニックス『ヤングガンガン』2006年4号から6号にかけて短期掲載

 

2007年8号にて、インターネットラジオの放送とドラマCD(2007年12月21日発売)のリリースが発表された。2008年12月にテレビアニメ化が発表され、2009年4月から9月まで放送された。

 




全国のツワモノとの真剣勝負 麻雀で稼ぐならコチラ

麻雀好き集まれ!本物の麻雀対決がココにある!▶
⬇⬇⬇⬇⬇



麻雀萌えが面白い漫画『咲-Saki-』(さき)

 

2011年6月発行の単行本第8巻及び『増刊ヤングガンガンビッグ』Vol.2において、テレビアニメの新シリーズを制作することが発表され、同時に五十嵐あぐり作画による外伝作品『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』(さき あちがへん エピソード オブ サイド エー)が『月刊少年ガンガン』2011年9月号より連載が開始されることも発表

 

2011年10月7日発行のヤングガンガン20号及びアニメ公式サイトで『阿知賀編』を原作として制作すると発表された。

 

全国高校生麻雀大会(インターハイ)優勝を目指す清澄高校麻雀部と、その新入部員である宮永咲の物語。金銭の絡むギャンブル特有の殺伐とした雰囲気が漂う従来の麻雀漫画とは一線を画し、麻雀が現実より一般大衆に浸透し

 

高校生・中学生の競技麻雀公式大会も行われる(作中ではインターハイ県大会団体戦決勝戦がテレビ中継されている描写もある)世界観の中で物語が進む。

 

本作の特徴として麻雀漫画では珍しい萌え絵で美少女雀士が活躍すること、主人公の宮永咲をはじめとする登場キャラたちが超人的な闘牌を見せる一方で初心者と上級者でツモ牌を切る動作に違いがあったり捨牌の並べ方がキャラクターによって異なるなど麻雀描写が丁寧であることが挙げられる。

 

なお、作者の小林は作中における麻雀描写の牌譜は作中で描写されていない部分も含め全て作者が1人で考えていると述べている

 

テレビアニメ『咲-Saki-』(第1作)

2009年4月から9月までテレビ東京系にて放送された。全25話。

咲の家族麻雀の勝ち負けの結果がお年玉からお菓子へ、まこの家が雀荘から喫茶店へそれぞれ変更(ただし、第10局ではかつて雀荘だったことが久の台詞によって判明)されているなど、賭博を連想させる表現には修正が入っている。

 

第19局で当時の原作エピソードを全て消化したため、第20局から最終話(第25局)まではアニメオリジナルストーリーとなり、原作未登場の照、南浦、最終話では各都道府県代表の顔見せや対局もダイジェストではあるが描かれた。

 

『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』(第2作)

2012年4月より、テレビ東京系ほかにて放送中。おおむねアニメ1作目と同じスタッフが引き続き手がける(制作会社はアニメ1作目の中核スタッフが創設したStudio五組に変わった)。

 

TVアニメ「咲-Saki-」の2作目にあたるが、同名の外伝作品を原作としており、直接の続編ではないものの前作のストーリ的に深く関わっており県大会以降1作目のメインキャラクターもサブとして再登場している。

 

ただしキャラクターのデザインはコミック作画の五十嵐あぐりによるものではなく、原作の小林立によるものを元にしている

 

原作 – 小林立『咲-Saki-』コミック作画 – 五十嵐あぐり

(掲載『月刊少年ガンガン』スクウェア・エニックス刊)

監督 – 小野学
助監督 – セトウケンジ
演出チーフ – イシグロキョウヘイ(第4話 -)
シリーズ構成 – 浦畑達彦
キャラクターデザイン・総作画監督 – 佐々木政勝
美術監督 – 松本浩樹、高須賀真二(第1話、第4話 – )
色彩設計 – 池田ひとみ
撮影監督 – 林コージロー
編集 – 三嶋章紀
音響監督 – 鶴岡陽太
音楽 – 渡辺剛
音楽プロデューサー – 関根陽一
プロデューサー – 高畑裕一郎、櫻井優香、大野亮介
アニメーションプロデューサー – 柴田知典

 

アニメーション制作 – Studio五組
製作 – 咲阿知賀編製作委員会

主題歌(第2作)

オープニングテーマ「MIRACLE RUSH」(第2話 – )
作詞 – こだまさおり / 作曲 – 山口朗彦 / 歌 – StylipS
第1話ではエンディングテーマとして使用。
エンディングテーマ

 

「Square Panic Serenade」(第2話、第5話)
作詞・作曲・編曲 – ZAQ / 歌 – 高鴨穏乃(悠木碧)、新子憧(東山奈央)、松実玄(花澤香菜)、松実宥(MAKO)、鷺森灼(内山夕実)
「Futuristic Player」(第3話、第4話)
作詞・作曲・編曲 – ZAQ / 歌 – 橋本みゆき

【日経と電通が認めた!】
仮想通貨やFXの報酬を10倍に!
2019年ブーム到来の最強ノウハウを特典付きで無料公開!